生活費キャッシング

MENU

収入より支出が多い 我が家の月の出費

我が家の生活費をまず紹介したいと思います。

 

家賃は10万強、水道光熱費(電気・ガス・水道)が3つで1万5千円、インターネット・光TV契約料が1万円、NHK受信料が3千円弱、食費が4万円、調味料や洗剤などの雑費が5千円、ガソリンが1万円、携帯が2台で1万5千円、子供のおむつや服1万5千円、本や雑誌が3千円です。

 

考えて悩む女性

以上で月の支出は大体22万円ほどになりますね。

 

旦那の収入が手取りで25万円ほどなので、一応ギリギリでは行けているのですが、冠婚葬祭やなんだかんだで出費が重なるときは25万円を飛びぬけてしまいます。

 

今は1歳の息子ですが、これから大きくなってくると習い事や洋服などいろいろお金がかかってきます。

 

お金がかかるからといって、子供のことで節約するのは嫌ですし、十分な習い事は将来のためにもうけさせてあげておきたいですね。

 

この支出ですが夫婦2人だったころは私も働いていたので余裕があって、食費とかもっと高かったし、洋服や遊びなどの娯楽費的なのに使う金額も結構ありました。

 

でも、子供が生まれてからは私は子育てに専念するために仕事を辞めることに。

 

それで、いろいろ節約したうえでこの金額なので、これ以上節約はできないという状況であります。

 

余談ですが、一番納得がいっていない支出はNHK受信料です。一度も滞納せず、きっちり払い続けていますが、いろいろな言い訳をして受信料を払っていない人がとても多いので、NHKを全く見なくてもしっかり払っているこちら側としては無駄な痛い出費となっています。

 

子供が保育所に入ることができれば私も仕事にそろそろ復帰してもいいのですが、いわゆる待機児童っていうやつです・・・。

 

とりあえず、今までは貯蓄を切り崩してやりくりしていましたが、全開ピンチだった時には貯蓄分も結構ぎりぎりになっていて、旦那とも話した結果キャッシングを利用することにしました。

 

なるべく早く完済してしまうということを心に決めて。

 

そもそもキャッシングって生活費のために使っていいのかな?っていう疑問もあったのですが、キャッシングは利用は何でも大丈夫なようなので生活費として利用するのでも問題ないとのことです。

 

あと、キャッシングって色々種類があってどれがいいのか迷ったのですが、旦那が細かく調べたみたいで『プロミス』『アコム』『モビット』が1番良さそうだとのことでした。

 

何でも知名度が高くて安心して利用することができるのが1番で、2番目は金利やサービスなどの商品内容がかなり優れているとのことです。

 

1位 

プロミス

2位 

アコム

3位

モビット

チェックポイント
★生活費を借りるローンならばプロミスがまずはお勧めです。即日融資が可能で、土日祝日でもカードを受け取ってすぐに借り入れ可能。

 

★学生などのアルバイトの方や、パートをしている主婦のかたも審査の上利用可能です。

 

≫プロミスの公式サイト≪

 

チェックポイント
★アコムも即日融資可能で、最短30分で審査回答。借り入れ可能かすぐに診断してもらえる3秒診断もあり!

 

★キャッシングカードをクレジット機能付きのACマスターカードにすることもできるのでショッピングでも使えて便利。

 

≫アコムの公式サイト≪

 

チェックポイント
★三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っている方は『電話・郵送なし』のWEB完結申し込みが利用できる

 

★セブンイレブンやイトーヨーカドーにある全国で23,000台以上のセブン銀行ATMを24時間いつでも利用可能。

 

≫モビットの公式サイト≪

 

 

上記で紹介している『プロミス』『アコム』『モビット』に関しては商品内容も優れていますし、実際に借りた人などの口コミでの評判も高いので、初めてキャッシングを利用する方でも安心して利用できると思います。

 

専業主婦の方は利用できない

基本的に専業主婦の場合キャッシングを利用することはできないようです。まれに銀行で利用できるところもあるかもしれませんが、ほとんどの銀行でも専業主婦への貸し付けをNGにしているようです。

 

しかも、専業主婦の場合もしOKのところがあっても、職業的に審査には通りにくいですし、金利も最高金利が適用される可能性が高いです。

 

なので、間違いなく旦那さん名義で借りたほうがいいです。旦那さん名義だと正社員として働いているので、融資額も高額な融資となり適用金利も低金利が設定される可能性が高くなります。

 

よく専業主婦の方で旦那さんに内緒にしておくという人も多いようですが、お金を借りるのに内緒というのはあまりよくはないと思います。内緒にしておくとどんどん借入額が膨らんできてしまうパターンが多いようですからね。

 

ですので、専業主婦の方はちゃんと旦那さんに話して旦那さんの名義で借りるようにしましょう。

 

パートなどをしている兼業主婦の方は、自分の名義でも問題なく借りることができますよ。

 

学生の方

生活費を借りるとなると学生の方も利用したいという人も多いようです。学生の場合生活費をかなり切り詰めている人も多いですからね。

 

この学生がお金を借りれるかどうか?になりますが、学生の場合20歳以上でアルバイトをして定期的な収入があれば審査の上利用できるようになります。

 

18歳や19歳では借りることはできませんし、アルバイトをしていない場合も駄目です。

 

ですので、20歳以上でアルバイトをしている方で生活費を借りたいのならば、『プロミス』『アコム』『モビット』のどれかの審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

みんなの生活費についてのアンケート結果

4人家族でこれくらいって多い?少ない?

私の家の生活費は…。まずは子供にかかるお金。

 

うちには子供が二人います。保育園児が1人、小学生が1人です。保育料は32000円。小学生は給食費などを含めてだいたい10000円です。

 

そのほかに習い事があります。スイミングと体操、レスリングをやっているので合計15000円ほどかかります。毎月必ずかかるのはそのくらいで子供費は57000円くらいですね。

 

次は保険料。これはトータル10000円くらいです。

 

あとは携帯代。うちは二台合わせて12000円ほどです。これはその月によって差があるので確実ではないです。

 

車や家のローンはありません。ただ田舎なので車がないと生活できません。なのでガソリン代がかかります。これは二台で20000円以内にしてます。冬になるともう少し高くなります。

 

それにとうゆだいも入ってきますね。電気代はそんなにかかりません。月6000円ほどで間に合います。

 

ガス代は高いです。12000円くらいです。水道代も12000円にいかないくらいです。

 

あとは食費です。子供がどちらも男の子なので、よく食べます。しかもお肉が大好き。今は野菜が高いのでいいんですけど、お肉ばっかり食べると食費がかなり上がります。

 

子どもたちは給食ですが、大人はお弁当かコンビニご飯になります。本当は節約のためにお弁当がいいんですけど、時間がないとコンビニご飯になってしまいます。

 

しかも週末は一度は必ず外食します。そんなに高いものは食べないですけど、やっぱりお金はかかりますよね。食費はなんとか60000円で間に合いように頑張っています。

 

その他にもイベントとかがあると雑費として5000円〜10000円の出費があります。皆さんのとこはどうなんでしょう?

 

 

稼いだ分ほとんど出ていってしまう

まず一番かかるのが家賃です。毎月15万円が家賃へ消えていってしまいます。しかし、この家賃には管理費とケーブルテレビ(インターネット込み)が含まれているので、まぁアリかなと思っています。

 

次にかかるのは食費です。毎月おおよそ6万円出ていくのですが、決して外食を頻繁にしている訳でもなく、週1回、多くて2回程度の月並みな頻度です。

 

つぎにかかるのは光熱費です。家計簿をつけていて分かったのですが、冬の方が圧倒的に高くて、平均してもひと月当たり3.5万円ほどです。

 

オール電化ということもあるかと思いますが、やはり、湯船に毎日浸かったり、お湯を使う頻度が非常に多いことと、暖房をつけて自宅に籠る日も多くなるからかもしれないです。

 

そのほかは、子供が一人いるので、子供用の洋服やおもちゃに平均で月2万円程度かかっています。成長するスピードが圧倒的に早いので、すぐに着れなくなるのですが、ブランド品の服を購入することが多いためか結構かかってしまっています。

 

また、夫婦の服は平均月1万円ずつといった感じでしょうか。これも買わない時期は全く買わない月が続くこともあるので、年間12万と考えてこんな感じになります。

 

最後は消耗品が平均で月8000円程度です。ティッシュペーパーや掃除用品など。掃除好きなこともあって、新しい品が出ては試しに購入してみることも多く、おそらく他の家庭よりは多く消費している方ではないかと思います。

 

これだけは確実に毎月出ていってしまうお金なので、正直稼いだ分がほとんど出ていってしまいます。貯金は余った分だけとなってしまうので、もう少し何か削って毎月少しでも多くの金額を貯金に回して将来やいざという時に備えておきたいことが今困っていることです。